スマートフォン30%

日経新聞10月31日

【概要】
世界の携帯電話端末市場でスマートフォンの存在感が強まっている。ノキアなど主要5社7~9月期の販売台数に占めるスマートフォンの割合は、前年同期17%に比べ、30%に達した。

【解釈】
世界の携帯端末市場におけるスマートフォンのシェアが、前年同期に比べ、約2倍になった。
仮に、今後スマートフォンのシェアが30%から100%になたと考えると、関連ビジネスにどのような影響があるだろうか。
私の使用しているiphoneはもはやケータイでなくPCとよく言われていて、モバイルサイトの閲覧はできず、PC向けのサイトしかみれない。他のスマートフォンがどうかしらないけど、もしかするとモバイルサイトへの訪問者数が激減し、モバイルサイトを利用したビジネスは下降傾向になるかもしれない。

以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

回答をどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です