セイブツタヨウセイジョウヤクダイジュッカイテイヤクコクカイギ

日経新聞10月30日
【概要】
COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)は最大の焦点だった「名古屋議定書」で合意した。

名古屋議定書は、生物資源の利用と原産国への利益配分を定めた初のルールだ。ただ、利益の配分に関しては過去のものまでさかのぼって途上国に利益配分しようとすると影響が大きく複雑になるため、議定書発効後のみ有効になる。

今後、微生物を働きを利用した伊y卓品などの製品開発費を押し上げる要因になる。
また、各国で向上の立地や大規模開発などの際に、従来以上に生態系への配慮が求められることになる。

【解釈】
環境問題に関する目標を定めた京都議定書が企業活動に大きな影響を与えたのと同じように、名古屋議定書も今後様々な場面で影響を与えていくと思う。排出権取引ビジネスが生まれたように、新たなビジネスも生むかもしれない。

以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

回答をどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です