「ヒートテック」が早くも入手可能

日経新聞7月22日

【概要】
ユニクロは21日、、昨年大ヒットした発熱保温下着「ヒートテック」を、例年より1か月早く発売した。
ヒートテックは、毎年何らかの改良を加えているが、今年は、静電気防止や、選択による型崩れ防止の機能を備えている。

【私見】
個人的に、ユニクロのヒートテックの成功について調査したことがあったので、とても気になった。私は持っていないが、ヒートテックはとにかく人気で、実際に本当にあったかいと、友人から聞いている。今年は入手したい。この不況のなかでも順調に利益を伸ばしているユニクロだが、その大きな理由の一つがこのヒートテックのヒットにある。

昨年は大人気で品切れの声が多数上がったというが、それだけ注目されているだけに、「来年は早めに買っておきたい」という消費者も多いのだろう。

【プチ情報】
新“バウリンガル”発売タカラトミーは、犬の鳴き声を分析し、人間の言葉に同時通訳する機能を持つ「新バウリンガル」を発売する。前作は、鳴き声を、文字と動画で表示する機能だけだった。

SaaS
Software as a Serviceの略でサースと読む。ソフトウェアの機能をネットワーク経由で利用する形態。ユーザー側に導入するのではなく、プロバイダ(ベンダ)側で稼働する。近年、この形態が増えている。SaaS採用の最大のメリットは、「スピード」 である。通常、ユーザー側にシステムを導入すると数か月かかってしまうが、SaaSだと、極端な場合、申し込んだその日から機能を利用できる。
参考サイト

回答をどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です