ディズニーストア全面リニューアルの理由

日経新聞2011年10月23日

今日のお題
ウォルトディズニージャパンは「ディズニーストア」の全面リニューアルに乗り出す。

「都会の中にある公園」をテーマとし、買い物客の滞在時間を延ばすのが狙い。

国内のディズニーストアは全部で46店舗あるが、リニューアル第一号は東日本大震災の被害を受けた仙台店である。

店舗リニューアルは米ディズニー社の世界戦略の一環であり、アメリカやヨーロッパのリニューアル事例では、従来の約2倍の来店者数を記録しているという。

→なぜリニューアルの必要性があったのか?

Think!
結論:顧客層の感性の変化を原因の一つとして、実績が思うように伸びなくなっている為、変化していく顧客ニーズに合わせてリニューアルに乗り出した。

自分は普段、ディズニーストアに入る機会はほとんどなく、リニューアルてテーマが公園だと言われても従来の様子が分からないので、どう変わるのかは分からない。ただ、ディズニーストアで買い物をする顧客は、一部の顧客がヘビーリピーターになっているという集中型より、やや分散している感じがする。皆が買うものというわけでもないが、ほんの一部の人が何度も買うというものでもないと考える。その顧客層にとって響くもの(店内の雰囲気等)が時代と共に変化してきたため、その変化に合わせてリニューアルに乗り出したのではないかと思う。

ビジネスブログ100選

回答をどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です