企業のソーシャルメディア活用が活発になってくると・・・

日経新聞2011年12月31日

todays_theme.gif

企業がフェイスブックなどにソーシャルメディアを活用する動きが広がってきた。

企業例
・KDDIはツイッターを使った顧客サポートを開始。
・ニトリは、facebookやユーストリームで就活セミナーを開催。
・スターバックスジャパンはmixiで新商品や新店舗を紹介。
・楽天はグーグル+で注目の商品やキャンペーンを紹介。
・ホンダは2012年4月からソーシャルなどで集めた顧客の生の声を社内イントラネットに載せて製品戦略などに活かす予定。
・ネット広告大手のオプトとネットショップ能力認定機構は共同で、採用活動で企業と学生のミスマッチを減らす事業として、フェイスブックとツイッターへの投稿を分析して学生の得意不得意分野を割り出す。又、投稿の引用数や友人数などから対人能力等を数値化するという。

→企業がソーシャルメディア活用によって、企業以外への影響はどんなものが考えられるか?

think.gif
⇒対企業のフェイスブック活用講座
企業のソーシャル活用は始まったばかりでまだ手探り状態と言える。採用活動に利用するとなると、学生側もうかつに気軽に思ったことをそのまんま投稿しづらくなるかもしれない。そうなると、ソーシャル活用戦略を考えるのは企業側だけでなく学生側もありえる。そうなると対企業のためのフェイスブックの使い方講座ビジネスが生まれる可能性もある。あまりに戦略的な利用が増えると、フェイスブックの本来使い方から外れていき、次第に単なる「ビジネスの場」に近づいていきかねない。そうならないためにも、フェイスブック側は企業の活用の仕方を慎重に眺めながら、必要あれば規則を追加していくことが重要だと思う。
フェイスブックの進展に伴って、今後、様々な周辺ビジネスが興隆すると思うの、楽しみに観察していきたい。

rank2.gif

回答をどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です