ユニクロがモスクワ進出

日経新聞4月2日

【概要】
ユニクロは、3年以内にモスクワ市内で10店舗を出店する方針を明らかにした。ユニクロの第一号店を中心部のショッピングセンターに開き、専攻する「H&M」などを追撃する。モスクワはグローバルな大都市で、世界一のアパレル企業という目標に向けて、大事な礎となると語った。

【解釈】
一言でまとめますと、ユニクロの海外進出が着々と進んでいるという内容である。
ユニクロというと、日本人にとっては、まだ「安かろう悪かろう」というイメージを持っている人が多いと思うが、外国人からしたら、ねだんの割には品質もいいし、CMの内容も最近のはオシャレな感じで、結構評価が高いらしい。
日本で、10年くらい前にフリースが大ヒットしたが、それよりも前やっていたCMを覚えている人ってかなり少ないと思います。それは、50~60代くらいの主婦がレジの前に立って、この前買ったこの服サイズが違うから変えて~といって、レジの前で脱ぎだすという今では信じられないCMをやっていました。
そのときのユニクロに比べたら、現在のユニクロは、どんどん海外進出するまで成長しているし、企業イメージががらっと変わることができた成功企業だと思います。このような今成功している企業を調べるということは、結構面白いことかなと思います。

以上。
==================================
 他にもブログを探していたら → ビジネスブログ100選  人気ブログランキングへ

回答をどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です