新型インフル本格流行について知る

日経新聞090822より

【概要】
新型インフルエンザの本格的な流行が大方の予想より早く始まった。今回の新型インフルにより、流行の規模・症状の重さ・時期などの予測が困難なことを浮き彫りにした。季節性インフルは国内で毎年約1000万~1500万人が発症し、1~2万人が死亡する。一方、大方の人が免疫を持たない新型インフルは、「患者数がその2倍くらいに膨らむ可能性がある」とみる専門家が多い。致死率は最悪でも0.5%程度と推定され、多くは軽症で回復する。
個人レベルでの予防は、手洗いの励行。マスク着用などが基本である。

回答をどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です